読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲームへたおじさんドットコム

いい年した男のゲーム日記とメモと寄る辺のなさ。ゲームへたおじさん、またはMSRkbと名乗っています。

『グラディウス2』(PSP『沙羅曼蛇 PORTABLE』収録)

こないだトライで『沙羅曼蛇』をプレイして、あー沙羅曼蛇はやっぱいいよな、俺ファミコン版すごい好きだったしデパートのゲームコーナーにあったアーケード版のリッチな画面は憧れの対象だった……そう、イトーヨーカ堂のゲームコーナーにあったんだよねあれ。あああーずいぶん遠くに来てしまった……とか思って、PSP版の『沙羅曼蛇 PORTABLE』を買ったのだった。

AC版『沙羅曼蛇』『ライフフォース』『沙羅曼蛇2』『XEXEX』、そしてMSXの『グラディウス2』がカップリングされたお得な一本なわけだが(開発はM2)、沙羅曼蛇シリーズよりも『グラディウス2』のほうをたくさん遊んでいる。いや嘘。遊んでるっていうかねー、死んでる。死にまくってる。俺はシューティング好きなんだけど、まあとにかく下手なので、いやゲーム全般が下手なわけなんですが、基本、コンティニューしまくったり難度下げたり自機ストックMAXでやるんですね。まあ邪道と言うなら邪道ですわ。最近のゲームならそこらへんのゲーム下手人間へのフォローはそれなりにしっかりしてるんですが、過去作のエミュレーション移植である本作ではそういうのがあくまで最低限のものしか入ってない。元がアーケードの『沙羅曼蛇』とかはディップスイッチでの難度や残機数変更もしっかり再現しているからいいけれど、『グラディウス2』は単純なコンティニューのみなんだよね。あとグラディウスだから当然のように戻り復活なわけで、ごり押しで進めることもできん。

まあそんなわけなんで、ぶっちゃけ1面のボスまで行けずにその直前の人面柱のとこを延々やり直してますよ。面白いんだけどね。面白いんだが、寝る前に冷たいベッドの中でこういうことやってると、自分のゲームの下手さを呪いたくなってくるよ。俺はなんでこんなに下手なのにゲームやってるんだろうという気分になる。だが、それもまた人生……。

 

沙羅曼蛇 ポータブル コナミ・ザ・ベスト

沙羅曼蛇 ポータブル コナミ・ザ・ベスト