ゲームへたおじさんドットコム

いい年した男のゲーム日記とメモと寄る辺のなさ。ゲームへたおじさん、またはMSRkbと名乗っています。

モンのハンのライズ

ファック・ユー! ファッキュー! ファキュー! 俺は在宅勤務時になんかこう、鬱憤みたいのが溜まるとおもむろに立ち上がってそう叫ぶことにしているんだ。別に仕事に対して鬱憤が溜まっているというわけではなく、家から一歩も出ずに朝から夜までキーボードをカチャカチャやってるいるという状況自体、つまり在宅勤務自体が持つちょっとしたストレス、ヤダ味、ダルさ、みたいなものに対して叫んでいる。まあ鬱憤は言い過ぎやね。そこまではいかない、でも溜め込んでおくとメンタルのヘルスにアレな感じのモヤりがちょっとでも発生したら、とりあえずファキュー!と言うことにしている。小さいうちからこまめに殺っていくのが重要だ。そもそもが通勤して仕事するのよりはるかにメンのヘル的にはいい感じなんでね俺にとっては、だからそのままいい感じの状態を続けていくためにもこまめなメンテナンスとしてのファキュー!をやっていくわけですね。つまりこんな感じだ。

 

 

さてゲーム近況だが、『モンスターハンターライズ』をちょろちょろやってる。『~サンブレイク』じゃなくライズのほうだ。『~サンブレイク』リリース直前のセールでライズがかなりお安くなっていたので思わず購入した。PC版。

思い返せばモンハンも『4』以来か……と一瞬思ったが、『~World』をやっていたな。ただ、あれはなんか途中でやめちゃったんだよね。なんでだっけ。なんか忙しくて間が空いてそれっきりだったとか、そういうのかな。

『~World』のときもさまざまな「モンハンならでは」のゲーム中のめんどくさい仕様が簡便に、ノンストレスに変更されていたのにけっこう驚いたが、ライズではそれがさらに進んでいる。特に、新たなオトモ・ガルクによってマップ内移動もハイスピードになったのは大きい。

いやー便利になったなあとは思うものの、こうなってくるとMHP 2ndGくらい敢えてもう一回プレイしてみたくなるんだよね。あんなつらくてめんどくさいゲームを当時はみんなこぞって数百時間やるのが当たり前だったのだから、すごい時代だよ。モンハンはあの当時の感覚で言っても「ゲーム内での “敢えて” のめんどくさい仕様」が多くて、しかもMHPシリーズが大ヒットしたおかげで各社からフォロワーゲームが大量にリリースされてみんな “敢えて” めんどくさい仕様まで真似してたのだから、狂った時代だったと言っても過言ではない。

ところで、ライズの新モンスターはなんかデザイン的に『ウルトラマンタロウ』の怪獣みたいなルックで、俺は個人的にあんまり好きじゃないなあとプレイする前は思っていたんだけど(MHP2Gまでは「ファンタジーのモンスター」と「恐竜」ラインで、MHP3あたりから、この「怪獣」ラインのデザインテイストは徐々に強くなっていたと思うのだけど、Worldでハリウッド映画の「クリーチャー」ラインのほうにちょっと路線変更して、その揺り戻しでライズではタロウ怪獣くらいまでに一気に進んだイメージ)、プレイしてみるとこれはこれでなかなかいいもんですねと思いました。そんな感じで、とりあえず村クエは最後までやって、オンラインは主に野良でちょこちょこやってるくらいで今はHR4です。とりあえずHRの上限開放までやるつもり。その後に興味が持続してたらサンブレイクもやるかなー。

ダラッとTwitchで配信したやつ。

 

モンスターハンターライズ + サンブレイク セット -Switch