ゲームへたおじさんドットコム

いい年した男のゲーム日記とメモと寄る辺のなさ。ゲームへたおじさん、またはMSRkbと名乗っています。

無為の凡夫

「家にこもって積んでるゲームを崩していきたい」などと前回、盆休み前の金曜日の昼休みに書いたが、いやあ、なかなかうまくはいかないもんだ。仕事自体は金曜日で一段落させたものの、それまでの三週間くらいの激務というかめちゃくちゃな生活時間の乱れが覿面に効いてきて、土曜日から水曜日までほとんど役に立たなかったよ。胃腸の調子は悪くなるし頭は痛いしで、だいたい家で寝ていた。唯一月曜日は午前中から用事があって新宿に出かけたんだけど、用事が終わってもその後どこかに遊びに行く気力が出ず、結局よく行く西新宿の昭和っぽい喫茶店で時間を潰して帰ってきただけだった。なんだそりゃ。

なので休み中だけどゲームや本や録画した映画やドラマの消化はぜんぜんしていない。もうなんかねー、疲れてるとそういうのを消化しようという気力がぜんぜん湧かないんだよね。頭使うじゃん。そういうの駄目。で、そうなるとせっかくの休みを無駄にしているということで鬱々としてくるので、なおさら何もできなくなる。これじゃいかん、と思って料理だけはしている。気分が塞ぎ込んだときは料理をするのが一番だ……特にスープやら肉の漬け込みやらトマトピューレ作りやら、「料理」の前段階の仕込み作業をしているときがいちばん気が晴れる。あと冷凍庫の奥で忘れられている食材を発掘してそれで何かでっち上げる算段をしているとき。

まあそれはともかく。中学生くらいのときに買った「本の雑誌」で、社会人が盆休みを有効に使って読書するにはどうしたらいいか、みたいな特集をやっていて、俺はそれをすごく興味深く読んでいた。その頃はもちろん夏休みは長かったわけだが、いつか大人になったらこんなふうに限られた休みを有効に使って読書(なり他の趣味なり)をするのだ……という一種のオトナ憧れを持って読んだ。が、長じていざそういう立場になってみると、ゴールデンウィークも盆休みも正月休みも、一度として有効に使えた試しがない。休みが近づくといつも「長いこと手を付けられなかったあれをやって、ちょっと気になっているけどふだんは手が出せなかったこれもやって……」というような計画だけはいろいろやって、そういうときは楽しい気分になっているのだけど、実際に休みに入るとまったく何もできない。そうやってつまらない人生をつまらないまま無為に消費していっている……という気持ちになって鬱々としてしまう。いかんな。

そんなわけで、ぼちぼち復活しつつあるけど、もう休みも中日を過ぎた。あああー。と、冴えない日常の愚痴だけ書いてるのもあれなので一応ゲームのことも書いておくが、久々に艦これに復帰した。なんか最近、以前に比べて艦これ艦これ言っている人が少なくなった気がして、落ち着いた感じなのかなとも思うが、これは単に俺の観測範囲の問題というか、ここしばらく忙しくてネットもろくに見ていなかったからというのが真相だろう。で、イベントが始まっているが、はっきり言って俺はまったく対象ではない感じなので早々に諦め、通常マップの攻略に戻った。3-3をクリアした。あー俺んとこにもあの、なんとかかんとかデースとかいう娘ッコが来ればいいのにナーと思ってたら建造でサックリ引いたよ。金剛。デース。あと人気があるっぽい女といえば北上だが、これをサックリ沈めた。特に感慨はない。もう一枚あったからこちらをもうちょっと気を使って育てよう。あと島風か、あの露出狂みたいなかっこした女、あれが来ればいいや。たぶんあの女を引いたら俺の艦これは終わりだな。