読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲームへたおじさんドットコム

いい年した男のゲーム日記とメモと寄る辺のなさ。ゲームへたおじさん、またはMSRkbと名乗っています。

電車の中の風景

memo

Blogを長いこと続けていて(……と言っても、そんなに頻繁に更新しているわけではないが)楽しいのは、自分でも忘れていた過去の小さなことを思い出させてくれるところだ。メインのBlogのほうで11年くらい前にこんなメモをしていた。

 

ngmandotherdesire.hatenablog.com

2005年3月のエントリで、その前年、2004年末に発売されたニンテンドーDSPSPを電車の中でプレイしている人を見かけることがだんだん増えてきたということを書いている。

GBAのときは子供か20代のオタク風男性がプレイしているところしか見たことがなかったが、NDS/PSPが発売されて急に違う層の人たちを見かけるようになった。購買層のデータで知ってはいても、実際に見かけるとやっぱり驚くし、興味深い。ネットでは「電車で遊んでる人なんて見たことがない」という意見をよく見るので、私の周囲、通勤圏内がたまたまそうだったという可能性は否めないが。まあ発売されて約三ヶ月後の風景の一コマとしてメモっておく。

電車で見かけたNDSとPSP - NGM+その他の欲望

 まだこの当時には、電車の中でゲームを遊ぶという光景が珍しかったということだ。その後、DSの爆発的ヒットとPSPのモンハンポータブルで「携帯ゲーム機を外に持って行って遊ぶ」というのは「子供と一部オタだけがやること」というイメージは完全になくなった。特にDSは老若男女プレイしている光景を当時はよく見た。

が、その後3DS/Vita世代になるとまた、携帯ゲーム機を外でプレイするのは子供と一部オタだけ、というイメージに戻った気がする。そのかわり、フィーチャーフォンでのソーシャルゲーム→スマフォでのゲームアプリをプレイする人が老若男女問わず爆発的に増えたわけだが。

さて、Nintendo Switchが発売された後は、またこの光景に変化が訪れるだろうか。あの大きさだとさすがに、電車の中でJoy-Conを付けた状態でプレイするのは無理がある気がするけど。

レベルが上がるのだけを見ていたい

艦これ プレイ日記

艦これアーケード』を楽しく遊んでいるものの、ブラウザゲーム版の元祖『艦これ』を再開しようという欲求はほとんど湧かなかった。アーケード版のアクション風味の海戦に慣れたあとだと、ブラウザ版はいろいろと考えなければいけないことが多くて面倒くさい、しかもその「考えなければいけないこと」というのが純粋に頭脳戦的なものではなく作業の手順だったりというのがもう、面倒くさくてやってられないと思ってしまったのだ。後はまあ、やってない期間によく知らない仕様が追加されているであろうことも面倒くささに拍車を掛ける。調べるのも面倒なんだよ!

というわけでやってなかったのだが、今ちょうど待ち時間が長くて手持ちぶさたな残業が発生する日が続いているので、なんとはなしに再開してみた。まあ気のないプレイなわけだが、それでも出撃するたびに艦娘の誰かのレベルが上がっていくのは妙に気持ちよい。そんなに育てていない船を適当に引き連れて出撃しているので、けっこうな頻度でピロンピロンとレベルが上がっていく。これが手持ちぶさたな時間に回すにはなかなかいい気分転換になる。現実の生活には何の意味もなくとも、ゲーム内の数値が溜まっていくのを見るのが昔から好きだ。特にレベルアップのような、気持ちよさを喚起する演出のあるものはいい。みんなそうだと思うけど。というわけで、艦娘のレベルが上がるとこだけを切り出したアプリがあればいいなと思いました。動画垂れ流しでただ見てるだけだと味気なさ過ぎだから、画面遷移はタッチしなくちゃいけない感じで。編成は好きにできるようにして。それで、戦闘終了時の演出だけ見ることができるやつ。そういうの。

不惑も近いのにあまりにも空虚なことを書いてしまった。

残り時間

memo

9月、10月、11月と、こちらのほうは更新せずに過ぎてしまった(メインBlogのほうを少し更新して満足してしまった)。今年は特に、後半からがすごく早く過ぎる気がするよ。残り時間のことをいろいろ考えてしまうよな。遊んだゲームについてはメモしているので、ぼちぼち振り返って後からUPしておこう。

2016年の夏のこと、あと三月兎さんげっと店

Pokémon GO プレイ日記 memo

街を歩いているときにちょっと久々に『ポケモンGO』を起動したら、それまでぜんぜん出会ったことのないゴース系列のポケモンがやたらと見つかる。なんか最近大きなアップデートがあったみたいだし、その関係で出現ポケモンのテーブルが変わったのかしらとか思ったが、あれか、ハロウィンか。

ポケGO、俺は特段ハマるとかそういうことはなく、時々立ち上げてちょっとやるくらいなんだけど、周りでは配信当初に物凄いハマりようの人がちらほらいた(だいたいポケモン赤緑~金銀直撃世代)。最近訊いてみたらもうやってないという人も多かったが、それでも今年の夏のポケモンGOの過熱っぷりはやはりすごかったなと思う。確実に、後年「時代の風景」として振り返られる出来事だった。ちょうどNHKの「ドキュメント72時間」で取り上げられていたが(10/7日放送「大都会 モンスターに沸く公園で」)、あれはいい番組だったな。学生の夏休み始まり時期に配信というのが、とても良かったと思う。

あと、それとはぜんぜん関係なく、今日久しぶりに秋葉原に行って知ったのだが、三月兎さんげっと店って9月一杯くらいで閉店してたんだな……。というか、三月兎グループとして同人ゲームの取扱をやめたということらしく。今日行ったら、もう店が入っていたところは工事をしていて跡形もなかった。

三月兎さんげっと店は同人ゲーム専門店だったのだが、いわゆる同人ショップ的なそのとき売れているもの山積みという感じではなく、セレクトショップ的な、あるいはカルチャー雑貨系書店のような、「店の意志」がはっきりと出たディスプレイが特徴的な店で(あえて18禁系のものは置いてなかった)、ネットで閉店危機が話題になった2015年GW時期の後くらいに何度か訪れて感心していた。閉店してしまったのは残念だが、やはり同人ゲームをイベント以外で「パッケージで」買うというのは、もうあまり時代とそぐわないのかなあとはなんとなく感じていたし、俺自身も昨年はともかく今年の春以降は一度も足を運んでいなかったので、そういうものなのかなあ、という感じである。

www.kk1up.jp

www.gamespark.jp

誰にでもひとつの物語

デレマス スターライトステージ プレイ日記 memo

2Dアイドルのかわいさを3Dで再現する! 「デレステ」開発事例公開 - GAME Watch

 

CEDEC講演の記事を見て久々にデレステ起動。

なんかジュエルいっぱいもらえたからガチャ回すかーSレア兵頭さん出たわーさて新曲は何が入ってるんやろ……と曲選択してたら「夕映えプレゼント」の出だしが流れてきて突発的に胸が詰まり泣き始める中年男。夢みたいに綺麗で泣けちゃうなー……。

夕映えプレゼント

夕映えプレゼント

 

 

さよならデスピサロ

ドラゴンクエストIV プレイ日記

昼間寝て夜起きる。どうしようもなく生活サイクルが狂っているが、もう明日は仕事が始まる。ここでケジメをつけねばなるまいと、クリアを目指す。

封印というかラストダンジョンのバリアを司ってるボス残り3匹すべて倒す。もうちょっと歯ごたえのある四天王でもいいんじゃないかなー。ラストダンジョン、まあ長いが、それほど迷わないぞ。で、デスピサロ。平均レベルは36くらいか。どうだろう。まだ低いか。でもまあ挑んでみよう……とやってみるが、さすがに強い。ガンガン死んでいくメンバー。長い長い戦闘。もうさすがにこれは詰んだな、次のターンで完全に打つ手がなくなって後は全滅コースだな、でもそういうときの一撃で案外倒せたりするんだよね……とか思ってたら本当にその一撃で倒せたので思わず「おう!」と声をあげてしまった。

超ギリギリ、僧侶系キャラと勇者のMPが尽き、世界樹の葉世界樹のしずくも使い切って回復/復活手段がほぼなくなり、ミネアとブライが死に、とうとう勇者まで死んでドランと入れ替わってドランも死んで……というギリギリでなんとか倒した。最後の一撃はアリーナだった。やっぱアリーナは強い。

f:id:msrkb:20160918021421j:plain

 

クリア後、そのまま6章をやる。デスピサロ戦の前から派生したルートなのね。6章の追加ダンジョンに行かず、今頃海辺の街でかわきの石を見つけたりする。ここ、ファミコン版のときに見逃してたところだ。かわきの石で通れるダンジョン、という謎にまったく気づかずスルーしていた。海辺の街自体は、船を入手してすぐに行ってたし、かわきの石の話も聞いていたのに、そのダンジョンを見つけた頃にはすっかり忘れていた。で、6章になって各街を巡ったりしてるときにたまたま夜の海辺の街の浜辺で乾いている場所を見つけて、やっと気づいた。攻略サイトは一切見ない縛りを設けていたので、本当にこの時点までまったく気づかなかったよ。クリアしたことよりも嬉しかったかもしれない。しかし昼に戻してかわきの石があると思う場所で「しらべる」をしてもなかなか見つからなくて難儀した。3D化のせいで座標が微妙に違っていて見つけられないのはわかっているんだが、だいたいどこらへんにあるのかが分かっているのになかなかその場所に当たらなくて、これはまだ何か解かなければいけない謎がもう一段あるのだろうかと30分ほど悩んだりした。まあ最終的には見つけて、件のダンジョンもさっくりクリア、はぐれメタルの剣を手に入れるが、まあクリア後だしそれほどありがたみはないか。

追加ダンジョンをちょっと見ておくかと行ってみたら、やたらと長い。長い。長すぎる。ここでやめるのももったいないかと腹を決めて、なんとか最後まで到着、追加ボスのエッグラとチキータとの戦闘に入る。特に何の脈絡もなく、コミカルな人間型の敵だったしカジノのBGMが流れるので適当な気分でいたら鬼のように強くて現在のレベルではまったく歯が立たない。まあクリア後のやり込み要素だし別にいいんだけど、なんだかなーと白けてしまい、まあいいか、ここまでで俺のPS版ドラクエIVは終了、ということにした。ロザリー救ってピサロを仲間にできる、っていうのに興味がないわけではないが、まあそういう取って付けたようなハッピーエンドルートみたいのはいいや。おしまい。楽しませてもらったよ。

ドラゴンクエストIV 導かれし者たち

ドラゴンクエストIV 導かれし者たち

 

夏休み鬱とドラクエ

ドラゴンクエストIV プレイ日記

案の定というかなんというか、長期休暇をまったく有効に使えず、気分がふさぎ込んでしまう。妻は仕事に遊びに忙しくしているので、なおさら落ち込み、昼夜逆転した生活サイクルに入ってしまった。

そんな妻は用事があってこの土日は家を空けている。せめてこのあいだにドラクエのクリアくらいはしておこうと、ほとんど朝の変な時間からプレイしはじめる。世界樹→なんかの塔→天空城→最後の封印的な四天王モンスターの一匹目まで。ここらへんの話の駆け足っぷりはけっこう肩透かしで、がっかりするなあ。そういえば、ファミコン版のときもそう思っていた。それがあったからか、スーファミ時代にはFFのほうを好んで遊んでいた。ドラクエVは結局自分では購入せず、発売からしばらく経ってから友人に貸してもらってプレイしたのだった。VIに至っては未だにちゃんとプレイしたことないし。次やるならVかVIだろうか。

天空城まで到達したのに、城に入る前に雲から落ちてもう一度塔をやり直すはめになった。何をやってもうまくいかない。正午前に眠気が押さえられず、そのまま居間で横になって夜遅くまで眠ってしまう。何をやっているのか。引きこもりの中学生になった気分だ。

夏休みとドラクエ

プレイ日記 ドラゴンクエストIV

夏休み中だ。今年も特にどこかへ出かける予定もなく、友達に会ったり、あとは何か適当に家とその周辺でできることを……という日々を送る予定なのだが、このノリでいくと例年は生活時間がガタガタになって夜起きて昼間寝るという体たらくに陥り、そして結局何もできなかったと鬱になるという、そういう危険性がある。だが今年はそうならないように気をつけたい……。

というわけで、夏休み中にドラクエ4をクリアしてしまおうというのも小さな予定のひとつだ。で、今日はエスタークへのアタック2回目。勇者、アリーナ、クリフト、ブライでなんとかギリで撃破。本当にギリだった。やっぱブライはボス戦時に頼りになる。妻のブライへの評価は低すぎるのではないか。あれかな、ファミコン版のときの評価ということかな。確かにファミコン版ではクリフトもブライもぜんぜん使えなかったが、PS1版ではプレイヤーがコマンド入力もできるので大丈夫だ。

エスタークの経験値でクリフトのレベルが上がりベホマラーを憶えた。これ覚えてたらエスターク戦もう少し楽だったのに。適正レベルから若干低かったかな。しかしベホマラーを憶えたことで俺のパーティ内では僧侶キャラのスタメンは完全にミネアからクリフトへ移ったな。あと個人的に、ベホマラーってなんか好き。ベホマズンより、なんかありがたい感じがする。ベホマズンは消費MPが高いからとかそういうのではなく、どうもあまり印象が良くないのはなぜだろう。MPのコストパフォーマンス云々ではなく、使うシチュエーションがかなり追い込まれているときになりがちなので、あまりポジティブな印象がないということだろうか。ベホマラーはまだ拮抗しているときなので攻めの印象がある。そういえば、ライデインギガデインミナデインも俺はほぼ使ったことがなくて、勇者系の呪文があまり好きではないということかもしれない。

エスタークを倒したあとの、亡霊が守護してて取れなかった宝箱に天空の剣が入っていると思い違いしていたが気球のガスだった。ここの記憶もけっこう曖昧だったな。あと、ファミコン版のエスタークのグラフィックはもっと大きな気がした。
気球ゲットしてエルフの村へ行き世界樹登るところまで。

ピオリムを使いたいのよ

プレイ日記 ドラゴンクエストIV

というわけでエスタークが発見されている。地の底で地獄の帝王が発見されて、そこから瘴気が出て街が腐る……というのは何か根源的な恐怖を感じると前回書いたが、クトゥルー神話的でもあるのかなあ。クトゥルー復活を感じ取った感覚の鋭敏な人々が世界中で次々に狂気に陥る的な、あの感じというか……「恐怖」の描き方のパースペクティブがなんだかおかしいような、あの感覚、つまり、間をすっ飛ばしていきなり巨大なスケールまで災いが及ぶというような、何かそういう……アッテムトが壊滅しているのもあれだが、アリーナの祖国であるサントハイムの城の人間が唐突にみんな消える(そして、まあ最終的には無事帰ってくるとはいえ本当にエンディングのときまで消えたまま。しかもそのあいだどうしていたのか、どこに連れ去られていたのかまったく説明がない)というのも不気味なんだよな。王様はある種の予知能力を持ってたわけでしょ? そんで地獄の帝王の復活について家臣に伝えようとした日の朝にみんな消えちゃうという。おっかないね。

エスタークにアタックする前にメダル王の城の北にある洞窟へ。天空の鎧があるとのことだったので、エスターク戦の前に勇者の守備力を強化しとこうと。前に来たときは微妙に敵のレベルがこちらのパーティーよりも高かったのでやめておいたが、今はちょうどいい感じなのでサクサクと……というか事前予想よりずっと小さなダンジョンで、すぐに鎧が見つかったので拍子抜けする。というか本当に小さくてびっくりした。ここに至って初めてこの機能に気づいたのだが、アイテムを「みせる」とトルネコがコメントしてくれるのね(7にもあったっけ?)。だいたいどれもひとつはネタが仕込んである気が利いたコメントばかりなので片っ端から見せてみた。しばらくトルネコは戦闘メンバーにしていないので、たまには活躍させたいし。

ということでエスタークにアタック。勇者、ライアン、ミネア、マーニャで平均レベル28といったところ……だがあっさり全滅した。メンツを再考して後日挑むことにする。ところで、ここしばらく、俺がドラクエをしていると横で見ている妻が、やたらとライアンとブライをdisってくるのが気になる。確かにアリーナの火力に比べてライアンは今ひとつのところがあるけど、装備を揃えればけっこう活躍してくれるし、防御力はそんなに上がらなかったりするけどHPは高いから楯としても使えるし……ブライだって攻撃呪文はマーニャと比べると地味だけど、なんといってもバイキルトピオリムを使えるのが強い。ボス戦のときは是非いてほしい。というか、前に書いたけど子供のときと違って補助系呪文をそれなりに使いこなせるようになったことでちょっとばかし「ゲームうまくなった気分」を味わっていい気分になっていた俺としてはブライを使いたいのよ。ピオリムを使いたいのよ。バイキルトは昔も使ってたけど、ピオリムの重要性をちゃんと理解した今、それをうまく使いこなしたいのよ。早いと強いのよ! わかってよ!

クトゥルフ神話への招待 ~遊星からの物体X (扶桑社ミステリー)

クトゥルフ神話への招待 ~遊星からの物体X (扶桑社ミステリー)

 

 

発掘される邪悪

プレイ日記 ドラゴンクエストIV

2週間ほど空いてしまった。

魔神像を動かしてデスパレスアッテムトまで。が、魔神像で対岸に渡ってすぐにデスパレスまで行けばいいものの、近くの祠に入って旅の扉で違うところに飛んだら戻れなくなったのでもう一度魔神像にアタックするという無駄なことをしてしまう。一方通行の旅の扉ってあったのね。あったっけ? あったんだな。

アッテムトの鉱山でエスタークが発掘された、というのは、昔も思ったけど、なんていうかこう、すごく不穏な感じがしていい。眠っていたのが発掘された、というのがね。アッテムトはもともと鉱山からの毒ガスで半ば死に絶えた街だったのが、さらに掘り進んだことによってより大きな災厄を呼んでしまうという。邪悪なものの発掘というので『デビルマン』を思い起こすからかな。でもファミコン版を当時遊んだときはまだ『デビルマン』読んでなかったから、もうちょっと本能的なところからの感想だろうか。