ゲームへたおじさんドットコム

いい年した男のゲーム日記とメモと寄る辺のなさ。ゲームへたおじさん、またはMSRkbと名乗っています。

土間のゲーセン

さっき書いたファミ通のアーケードアーカイブス広告についてのエントリ繋がりで思い出した。大学時代に住んでた街の駅前にあったゲーセンのことだ。

一般的なコンビニくらいの敷地面積の古びた店で、当時は特に何とも思ってなかったんだけど、床が全面土間だったんだよな。リノリウムとかタイルではなく、土間……三和土だったと思う。

いや、三和土というか、普通の土の地面に油を撒いて埃が立たないようにしたやつ(旧家の炊事場のような)……という記憶まであるのだが、さすがにそれは誇張された記憶だろう。でも、土間だったという記憶はなぜだかぼんやりとある。なんか他の種類の店の居抜きでそうなっていたのだろうか。

とにかく、90年代後半の東京近郊で、土間のゲーセンはけっこう珍しいものだったと思うのだが、どうだろうか。あるいは俺の記憶が間違っているのかもしれないが。

 


www.youtube.com

 

上記YouTube動画は最近話題になったので見ている方も多いだろうが、1979年の東京・新宿歌舞伎町近辺で撮影されたゲームセンター(というかインベーダーハウスか)の様子だ。たぶん海外のTVクルーの取材テープを無編集でUPしたもの。ここに出てくる店内の映像でも、床はリノリウムっぽいものであることが確認できる。

うーん、全面土間のゲーセン、というかそもそもゲーセンに限らずオープンスペースじゃない店舗で全面土間だったなんて、90年代後半にあり得るんだろうか。なんだか自信がなくなってきた。単なる記憶違いかもしれない。そしてそのゲーセンも、00年代中頃には駅前の再開発で閉店してしまっている。同じ大学のちょっと苦手な先輩が店員のバイトをしていたこともあってそんなに通ってなかったので、店名もまったく覚えてない。

96~00年頃、小田急鶴川駅前にあったゲーセンにまつわる曖昧な記憶の話。