ゲームへたおじさんドットコム

いい年した男のゲーム日記とメモと寄る辺のなさ。ゲームへたおじさん、またはMSRkbと名乗っています。

『ぷよぷよ通』スコアアタック界のとある事件

すでに一年前の書き込みではあるんだけど、当時から妙に気に入ってしまい、折に触れては読み返している。

anond.hatelabo.jp

anond.hatelabo.jp

メガドラ版『ぷよぷよ通』のスコアアタック動画を収めたCD-ROMが2004にヤフオクに出品された。それは当時のアーケード版ぷよ通の全一記録・水無月愛理氏が叩き出した142万点を上回る151万点。メガドラ版とはいえ圧倒的なスコア、そしてヤフオクで出品者が名乗っていたのが “ERI” という水無月愛理氏を連想させるハンドルネーム。ということでこれは水無月氏が販売しているのだろうという観測が流れる中、当時全国二位のスコアラーだったMYK氏がこの動画を視聴する。しかしそこには、スコアラーとして看過できないある種の不正が記録されていた……これがきっかけとなり、それ以降ぷよ通スコアラーコミュニティの中で水無月氏の全一記録は事実上無効として扱われることとなった。しかし、それは実はまったくの冤罪であり、原因となったスコアアタック動画を作成したのは水無月氏とは無関係の私だったのです……あれから10年、ここに真実を告白します……。

というのが上記のはてな匿名ダイアリーへの書き込みの内容だ。あと2004年当時にMYK氏が自分のホームページでこの件について告発した記事がInternetArchiveに残っている。

151万点ぷよ通稼ぎCDについての疑問

いやーこれね、いい。いやよくないけど、これはいい。ぷよ通がリリースされたのが94年、それから10年ものあいだしのぎを削るスコアラーたち、そこにある疑惑が投入され疑心暗鬼を生み、王者は栄光を剥奪される。そこからさらに10年たって、すべては自分が原因なのだという贖罪の告白が……このドラマチックさ、そしてそのドラマがごく一部の、あまり人には知られない界隈で長い時間をかけて熟成されていたことになんともいえない感動を覚える。いやまあ、関係者にとっては迷惑な、ムカつく視線ではあると思うのだが、でもこれはいいなあ(よくない)。なんかこう、これでドキュメンタリー映画とか見たいですね。