ゲームへたおじさんドットコム

いい年した男のゲーム日記とメモと寄る辺のなさ。ゲームへたおじさん、またはMSRkbと名乗っています。

自室プレイ用ゲーム機としてのPC

結局のところ、コアに遊びたいゲームは自室のモニタでプレイすることになる。リビングのテレビにもゲーム機は接続されているが、現世代(もう前世代か)のコンソールで一番稼働率が高かったのは、リビングのPS3でもWiiでもなく、自室のPCモニタに繋いでいるXbox 360だった。PS3と360のマルチでリリースされるタイトルは迷わず360を買っていた。が、一昨年後半あたりからは、マルチタイトルはPC版を買うことも増えてきた。Steamの存在感がどんどん大きくなっているのを感じている。マルチタイトルなら日本語版もほぼ出るようになったし、そうじゃなくても有志の日本語化Modがある。2010年くらいまではけっこう華々しかったXBLAのインディーズ系タイトルもいつの間にか縮小傾向で、逆にシーン全体としては今こそかつてない盛り上がりを見せていて完全にPC(とこれからはPS Vita/PS4)が主戦場だ。
まだ買ってないがPS4はきっと3に引き続きリビングに置くだろうし、Xbox Oneの国内展開には正直まったく期待していない(そして多分、こっちはPS4以上にリビングに置かなければいけないコンソールだろう)。となるとだ。これからの5年ほど、自室でコアに遊ぶ「ゲーム機」は俺の場合PCになる。となると、今年後半あたりにそろそろ新マシンを買うことになるのかなと思う。もう一回グラボだけアップグレードしてもいいのかもしれないが、いっそのこと全体的にもうちょっといいものにしたほうがいいかなとも思う。憧れのAlienwareにしてしまおうか、それともG-tuneあたりでコストパフォーマンスのいいやつを見繕うか……まあその前に今のマシンをとっとと直せという話なんだがね。